株式会社フリーマンに寄せられたよくあるご質問とその回答をご紹介します。

よくある質問

  1. HOME >
  2. よくある質問

ゴキブリ駆除Q&A

こちらのページでは、東京・渋谷の害虫駆除業者「フリーマン」に寄せられたよくあるご質問とその回答をご紹介します。ゴキブリ対策でお悩みの方は、ご依頼 の前にご一読ください。なお、こちらに掲載していないご質問につきましては、お気軽にお問い合わせいただければと思います。



ベイト剤を食べたゴキブリの死骸はどうなりますか?
ゴキブリはベイト剤を食べると基本的に脱水症状を起こします。そのため水を求めて排水溝や排水槽などで死ぬことがほとんどです。目につくところで死ぬことはほとんどありませんのでご安心ください。
他の業者に依頼したのですが今では元の状態に戻っています。フリーマンではそういうことはありませんか?
もちろんそのようなことはありませんのでご安心ください。業者の中には、「殺虫」を行うことで「駆除」と謳っているところもあり、卵には殺虫剤の効き目が なく再発……というところも少なくありません。当社の採用しているIPM戦略では、ゴキブリの生息しやすい厨房機器下等のゴミのかき出し作業を実施し、成 虫・幼虫ともにベイト剤を食べることで死滅。その状態を管理していくことでゴキブリのいない環境をつくっていきます。
契約期間中に万が一ゴキブリが再発生したらどうなりますか?
もしもそのようなことがあれば、責任を持って早急に対処させていただきます。もちろん、そのようなご心配をいただく必要のない、最適な駆除を行いますので、安心してお任せください。
ゴキブリの種類について教えてください。
日本には約50種類のゴキブリが分布していますが、屋内に侵入するものは10種類程度です。テナントビルや飲食店でもっとも問題となるのはチャバネゴキブリで、住宅街ではクリロゴキブリやヤマトゴキブリが多く見られます。
ゴキブリの害はどういうものがありますか?
ゴキブリは細菌やウイルスの配達人と言われ、多くの病気を媒介します。中でも危険性が高いのが、食中毒の原因菌「サルモネラ菌」の媒介です。それ以外にも 赤痢菌、小児麻痺ウイルス、スタフィロコッカス菌、ピロリ菌などもゴキブリの糞を媒介して人から人へと感染する可能性があると言われます。アレルギー症の 原因になるとも言われており、ハエよりもはるかに危険な存在です。
市販の粘着型トラップ、殺虫スプレーや燻燃式でも効果はありますか?
ある程度の効果はありますが、完全駆除は難しいと思われます。専門業者に依頼されたほうが良いでしょう。
ベイト剤とはどういったものですか?
ベイト剤とは、食毒剤のことで、ゴキブリの好む餌や誘引物質にゴキブリを殺す有効成分を混入させたものです。ゴキブリはベイト剤を食べることにより殺虫成 分を体内に取り込み、それにより一時的に脱水症状を起こし、およそ2週間以内に死んでいきます(卵から孵化した幼虫を含めると約1ヶ月で駆除)。 ベイト剤の種類によっては、食べたゴキブリが巣に戻り、そのゴキブリの糞や死骸をさらに仲間が食べ、巣ごと壊滅させるということも可能です。なお、駆除方法は薬を撒き散らすのではなく、人目につかない箇所にベイト剤を塗るだけなので、安全面の心配はありません。
ベイト剤に対するゴキブリの抵抗性は出てきませんか?
まったく抵抗性が出てこないとは言えません。そのため当社では数種類のベイト剤を準備し、抵抗性が出た場合も種類を変更するなど柔軟に対応しています。
駆除後の注意点はありますか?
駆除後、ゴキブリが棲息するのに適さない衛生的な環境を維持することも、再発を防ぐためには不可欠です。当社では、清掃方法や環境改善のご提案もさせていただきます。
一般家庭でも駆除してもらえますか?
はい、もちろんです。ホテルやレストラン、病院、食品工場などからのご依頼を主に承っていますが、もちろん一般家庭からのご依頼もOKです。プロ中のプロがお伺いいたしますので安心です。お気軽にお問い合わせください。
年1回の駆除と2回のメンテナンスで本当にゴキブリはいなくなりますか?
はい、大丈夫です。当社は1年間の責任管理で対応していますのでご安心ください。ゴキブリの習性・生態を熟知したスタッフによる適切な施工・メンテナンスをお約束します。
ネズミの駆除もお願いできますか?
はい、ゴキブリ以外にもネズミやダニ、ハエ、蚊、チャタテムシなどの害虫駆除を行っています。お気軽にご相談ください。